生命保険を活用した相続対策について | 【生命保険】2014年最新相談・見直しランキング比較


2014年の生命保険を取り巻く状況は?
現在の生命保険は見直すべき?
生命保険の現状と見直しすべきかどうかの
ポイントなどをわかりやすく解説しています。

生命保険を活用した相続対策について

相続税は、家族の誰かが亡くなるなどをして、相続が発生した場合に、その財産の資産価値が一定額以上である場合に相続税が課税されます。この場合の一定額とは、相続税法での基礎控除額というものになります。

この基礎控除額は、この平成27年1月からの相続税改正によって、引き下げられることになり、相続税の支払い義務が発生する方が4%から6・7%まで増えると見込まれています。そのため、今までなら相続税が払わなくても良かった人が支払い義務が出てくるという事になります。

この2〜3%の部分に入る方は、この相続税対策を考え始めているかもしれません。その観点から、生命保険がこの相続税対策として注目されています。

実は死亡保険金の非課税の限度額はこの改正による影響がありませんでした。そのため、今回の改正で相続税の対象になってしまうような方には、生命保険のうち死亡保険金の非課税枠を利用する事で、相続税を回避できる可能性も出てくるのです。

死亡保険金の非課税の限度額は500万円×法定相続人の数となっています。生命保険の控除額によって相続財産の評価額が下がります。これを利用する事で、相続税の納税義務の範囲に入らない可能性があるということです。

相続税は対策を取るか取らないかで、相続税の納税金額が大きく変わってしまうものです。生命保険は健康状態によっては入る事が出来ない場合もあります。その対策を講じるなら、早いほうが良いかもしれません。

生命保険の基本
生命保険と相続税
生命保険の見直し
生命保険の一括資料請求や比較サイトを上手に活用しよう イメージ
New!
一括資料請求や比較サイト
これっらネットで無料で利用できる
サービスを最大限に活用しよう!

生命保険を活用した相続対策について イメージ
PicKup
生命保険が相続税の節税
対策になるってどういうこと?
その仕組をわかりやすく解説!

ライフイベントで見直す生命保険 イメージ
Point
ライフイベントで生命保険を見直す
いいきっかけといえます。
大きな環境変化は保険への影響も!