生命保険の見直しの注意点 | 【生命保険】2014年最新相談・見直しランキング比較


2014年の生命保険を取り巻く状況は?
現在の生命保険は見直すべき?
生命保険の現状と見直しすべきかどうかの
ポイントなどをわかりやすく解説しています。

生命保険の見直しの注意点

保険の見直しをするなら、やはりより現在の状況にあった契約にしていくためには、注意しておきたいポイントが有ります。せっかく手間をかけて見直しするので、より良い契約になるようにポイントをしっかりおさえて見直ししていきましょう。

まずは保険の契約では、複数の保険に加入している場合、同じ保険内容のものに複数加入されている場合があります。複数契約していている場合、その部分では重複で保険を受け取れない部分がある場合があります。この重複部分はかけていても無駄になってしまう部分がありますので、その場合にはその重複部分は削るなり、他の必要な保険商品に当てるなどをすべきでしょう。

また、保険には契約の時期によって条件が良い条件だったり、逆に不利な条件だったりする場合があります。例えば保険の見直しを、同じ保険会社の方に見直しを進められた場合、過去の有利な条件だった保険を、不利な条件に変更されてしまう場合もあるのです。保険の内容を正確に理解していれば大丈夫なのですが、そうでない場合にはなんとなく進められるがままに不利な条件になってしまうことも考えられるのです。

これは保険は契約時期の金利など経済の状況で、保険の内容が他の時期より好条件に作られている場合があり、このようなケースでは保険の契約を変えてしまうとかえって不利になってしまうのです。

このようなことを防ぐには、一社だけの意見に従わずに、他の保険会社の意見が参考になるという視点も持っておいたほうがいいでしょう。

さらに保険は払い続けていくものですが、将来どんどん収入が上がっていくものとは限りません。その支払の年代に負担になるような保険契約という場合も考えられます。将来見直ししたいといった時に、健康状態が優れなくて契約出来ないということもありえます。

保険は支払いと収入と健康のバランスもとても重要です。将来自分がどのような経済状態・健康状態であるかということも見据えて、失敗のない保険選びをしていきましょう。

生命保険の基本
生命保険と相続税
生命保険の見直し
生命保険の一括資料請求や比較サイトを上手に活用しよう イメージ
New!
一括資料請求や比較サイト
これっらネットで無料で利用できる
サービスを最大限に活用しよう!

生命保険を活用した相続対策について イメージ
PicKup
生命保険が相続税の節税
対策になるってどういうこと?
その仕組をわかりやすく解説!

ライフイベントで見直す生命保険 イメージ
Point
ライフイベントで生命保険を見直す
いいきっかけといえます。
大きな環境変化は保険への影響も!