相続税の改正と生命保険 | 【生命保険】2014年最新相談・見直しランキング比較


2014年の生命保険を取り巻く状況は?
現在の生命保険は見直すべき?
生命保険の現状と見直しすべきかどうかの
ポイントなどをわかりやすく解説しています。

相続税の改正と生命保険

相続税は普段はあまり考える事の無いコトだとは思いますが、実際に相続という場面になりますと、かなり大きな金額が動いてしまう出来事なので、おろそかには出来ません。

そして平成27年1月からの相続税改正では、基礎控除額の引き下げがありました。それほど資産の無い場合にはかかることが無いのがこの相続税ですが、今回の改正で基礎控除というものが引き下げられたので、そのぶんだけ相続税がかかる対象が増えたということになるので、今まできにしなくても良かった方でも相続税の対象になりえるという事になります。

どのくらい増えるのかといいますと、今まで家族がなくなったりして、相続が発生した場合の4%の方だけが相続税の対象になっていました。それが今回の改正で6%に増えると言われているようです。2%というと大したことが無いと思いがちですが、そのぎりぎりの圏にいる方にとっては大きな変化です。

これが生命保険にはどのような影響があるのでしょうか?実は今回の相続税の改正では生命保険金の相続の非課税枠には改正による変更がありませんでした。

これは、死亡保険金の非課税の限度額は500万円×法定相続人の数となるのですが、相続税の対象にあなるかならないかというような家庭では、相続財産が保険金になっていた場合には課税されないという場合もあります。

こういった相続税がかかるかもしれないという家庭の場合、保険の見直しを検討されてみても良いと思います。

生命保険の基本
生命保険と相続税
生命保険の見直し
生命保険の一括資料請求や比較サイトを上手に活用しよう イメージ
New!
一括資料請求や比較サイト
これっらネットで無料で利用できる
サービスを最大限に活用しよう!

生命保険を活用した相続対策について イメージ
PicKup
生命保険が相続税の節税
対策になるってどういうこと?
その仕組をわかりやすく解説!

ライフイベントで見直す生命保険 イメージ
Point
ライフイベントで生命保険を見直す
いいきっかけといえます。
大きな環境変化は保険への影響も!